おすすめリンク

介護食を宅配してもらう

宅配で介護食を買える?今サービスも充実していてとっても便利になってます!おすすめですよ。

介護食の現状

日本は超高齢社会です。
こうした傾向は基本的に先進国で高め、発展途上国が低めに見られています。
高齢化率によって「高齢化社会=7~14%」「高齢社会=15~20%」「超高齢社会=21%~」という分類があります。
つまり、外に出ると5人に1人以上が65歳以上であるような社会がすでに到来しています。
日本においては2025年には人口の3割、2060年には約4割が65歳以上になるというような予測も発表されています。
都心部ではそう感じないかもしれません。
ですが、電車で30分ほど行けば、実感としてわかると思います。
そんな超高齢社会において大きな問題となるのが、「介護」です。
介護について問題を抱える家庭は少なくないのではないでしょうか。
在宅で介護をするのか、施設に入居してもらって様子をみるのか。
どの程度の状態で、どのような介護が必要なのか。
ひとつひとつが難しい問題であり、しかも次々と決断を迫られます。
介護難民や、老々介護、認認介護などの問題もあります。
施設や家庭での虐待問題もニュースで話題になりました。
そんな介護で大変な仕事のうちの一つが「介護食」です。
要介護の方に食事制限があれば、その人の分だけ全く別の食事を用意しなければなりません。
食材を変えたり調理法を変える必要もあります。
そんな方にお勧めなのが介護食の宅配です。
この記事では、介護についてと特に介護食の宅配についてまとめます。
介護食を検討中で迷われている方はぜひご参考下さい。

宅配の介護食の需要

超高齢社会を迎えた日本では、今後ますます介護食の必要性が高まってゆくと考えられます。 一昔前では、介護食は美味しそうに見えませんでした。 しかし、現在の介護食は見た目も味も、もちろん栄養価も大きく改善されています。 このページでは、介護食の現状についてまとめています。

介護する側される側のメリット

宅配の介護食は介護する側、介護される側に多くのメリットがあります。 毎日の普通の食事を作るだけでも大変なのに、まして介護食ともなればより大変になるのは推して知るべしですよね。 このページでは、宅配の介護食のメリットについて介護する側される側の視点からまとめます。

介護する側される側のデメリット

宅配の介護食には多くのメリットがある一方、デメリットもあります。 このページでは、宅配の介護食について介護する側のデメリット、介護される側のデメリットを、それぞれまとめます。 介護食についてのメリットとデメリットをしっかり知ったうえで検討しましょう。